モデリングするならマスターしておきたい。万能すぎる「マルチカットツール」のすすめ


Maya既存機能の1つです。
上の画像のように、ナイフでカットするように 頂点の追加 ができる機能です。

ショートカットによって、動作が豊富に変化します。
カットすることに関しては、これ1つだけで事足ります。
左手のみで操作が完結することも魅力です。
モデリングをするなら是非ともマスターしたいツールの1つです。
以下では、その豊富な機能をご紹介します。


機能一覧

ショートカット・使い方機能
Shift中間点追加
Ctrlループカット
Ctrl Shift10分割スナップ ループカット
空中スタート貫通カット
Shift+空中スタート角度スナップ効果付与・貫通カット
2点目以降 Ctrl Shift垂直化
Shift 頂点ドラッグ移動10分割スナップ効果
設定 エッジフロー曲線補間
右クリック or ツール切り替え確定
Undo / Delete1つ戻る
Escape途中リセット

機能紹介

  • Ctrl Shift X で呼び出します。(メッシュツール>マルチカット)
     アイコンがナイフの形になったら起動成功です。
  • クリックで頂点を追加していきます。
  • ドラッグで、2点間をスライド配置できます。

  • Shift 押しながらで半分の地点にスナップできます。

  • Ctrl でループカットします。
  • Ctrl+Shift でキリ良くスナップする ループカットになります。
  • Ctrl+ホイールクリックで、中間にスナップして確定されます。
  • 2点目以降を置く際、Ctrl+Shift で直角に点を配置できます。
     選択肢が複数の場合もあります。
  • 確定前の点は、ドラッグで移動可能です。
  • Shift &ドッラグで、10分割のスナップ移動ができます。
  • 空中から始めると、貫通カットになります。
     向こう側の面まで、効果が貫通します
  • +Shift:角度スナップ効果を付与します。
     水平や垂直もこれで便利です。

  • 「ツール設定:エッジフロー」でカーブの自動補間をするようになります。
     あとから、「メッシュの編集>エッジフローの編集」 をする手間が省けます。
  • 右クリック or ツールの切り替え で確定させます。
     オススメはQキー(選択ツール)です。
     次の作業にスムーズに移れるでしょう。
  • Undo(Zキー) / BackSpace / Delete で、作業を1つ戻れます。
  • Escape は途中リセットができます。

機能一覧

再掲

ショートカット・使い方機能
Shift中間点追加
Ctrlループカット
Ctrl Shift10分割スナップ ループカット
空中スタート貫通カット
Shift+空中スタート角度スナップ効果付与・貫通カット
2点目以降 Ctrl Shift垂直化
Shift 頂点ドラッグ移動10分割スナップ効果
設定 エッジフロー曲線補間
右クリック or ツール切り替え確定
Undo / Delete1つ戻る
Escape途中リセット

あとがき

マルチカットツールという名の通り、たった1つで豊富な機能を持つツールです。
機能は豊富ですが、使うキーは少なく、すべて片手で操作が済みます。
使いこなせると、モデリングスピードが向上するでしょう。
ぜひマスターしてみてください。