【GitHub Desktop】便利機能 3つ

ないよ~

この記事では、GitHub Desktop にある、便利な機能を3つ紹介します。
私も仕事で実際に使っている機能たちです。
デザイナに過ぎない私には、よく分からないプログラムは避けて通りたいところ…。
ここでは、難しいコマンドは紹介しません!

Contents

1.作業ブランチに、最新のデフォルトブランチを取り込みたい

デフォルトブランチとは、main, develop, master 等のブランチを指します。
完成したデータを集めたブランチのことです。
会社やプロジェクトにより名称は異なるでしょう。
この記事では、「デフォルトブランチ = mainブランチ」とします。

作業ブランチに、最新ブランチを吸収する手順は以下です。

手順

1.Branch > Update from main

2. Push

うまくいくと、緑のチェックマークで成功を知らされます。
pushして、mainから取得してきたデータを上げましょう。
コンフリクトした場合、失敗します。

効果

現在のブランチに、main のデータを取り込みます。

使う理由

作業ブランチでの滞在時間が長くなると、mainブランチとの差が広がります。
すると、ブランチを切り替えるときのデータ量が多くなり、切り替えに時間がかかるようになります。
頻繁にブランチを行き来する場合、これはかなりのストレスになります。

そこで「Update from main」を使います。
作業ブランチとデフォルトブランチの差異を小さくし、ブランチ移動のフットワークを軽くします。


2.コンフリクトの有無を調べる

ブランチを変えて、試しマージする。という方法もありますが、
それだと、ブランチ切り替えに時間がかかります。
この方法なら、ブランチを切り替える必要はありません。
処理も高速です。

コンフリクトを手軽に調べる手順は以下です。

手順

1. Branch > Compare to branch

2. 比較したいブランチを選択する

効果

現在のブランチと、選択したブランチを比較します。
コンフリクトの有無を知らせてくれます。

コンフリクトしなかった場合、
以下画像のように知らされます。

コンフリクトした場合、
警告がでます。


3.ブランチを1つにまとめる

たくさんのブランチを、まとめて1度に提出したい場合に重宝します。
受け取る側も、マージリクエストが1度で済むので助かります。

複数のブランチを1つのブランチにまとめる方法は以下です。

手順

1. まとめる用のブランチを作成する。

2. Branch > Merge into current branch

3. まとめたいブランチを1つ選択し、Merge実行

この際、コンフリクトの有無が確認できます。


自分用GitHubで練習しましょう

百聞は一見に如かず。
自分用のGitHubを作って、自由にイジってみましょう。
仕事のGitには、恐ろしくて実験できませんが、自分用なら自由です。

▼GitHub Desktop ダウンロード

https://desktop.github.com/

▼GitHub サインイン

https://github.co.jp/

まとめ

コンフリクトを調べたい
→ 「Compare to branch」

デフォルトブランチを取り込みたい
→「Update from ○○」( ○○ = mainやdevelop など)

ブランチをまとめたい
→ 「Merge into current branch」